Trending
Trending

テックマヒンドラは接続された世界を代表する。

テックマヒンドラの日本での存在

日本での弊社の目的は、顧客向けにデジタル変換を簡素化すること、かつ、アジャイルなデジタル・サービス納品を確保することである。テックマヒンドラは、日本に事務所を設立して、日本における自分の技術、納品及び販売の大きなチームを通じて、内部及び外部的な成長に重点を置きながら、顧客との強力な関係を作っている。

弊社の広大なポートフォリオ・エコシステムによって、全てが人間中心の経験の機能となる。


弊社がやっていることは弊社のイメージを決める!

テックマヒンドラは革新的で顧客中心のデジタル経験を提供することによって、企業、社員と社会の成長を可能にする。弊社は、51億米ドル収益の会社であり、90カ国にわたって12万1千人以上の従業員が働いており、フォーチュン500に載った会社を含む1007の世界的な顧客をサポートしている。弊社は、世界的な顧客向けにエンド・ツー・エンドの(完全的な)デジタル変換を可能にするために、5G、ブロックチェーン、サイバーセキュリティ、人工知能、等を含む次世代技術を使うことに集中している。テックマヒンドラは、最も急速に成長しているブランドの一つで、世界的なトップ15の情報技術サービス提供業者の中から一つである。テックマヒンドラは、常に、持続性のリーダーとなっていて、Corporate Knightsによって、「2021年の、世界の最も持続性の高い組織の100(2021 Global 100 Most sustainable corporations in the World)」の一つとして評価されている。NXT.NOWフレームワークを利用して、テックマヒンドラは、弊社のエコシステムに対する「人間中心の経験」を向上させる、かつ、会社の安定したポートフォリオから発生する相乗効果によって共同破壊を促進させることを目的とする。弊社は、明日の経験を今日提供することを目指して、「未来は今」を信じる。

弊社は、194億米ドル収益のマヒンドラ・グループの一部である。マヒンドラ・グループは、会社の連合会であり、革新的な移動性ソリューションによって人々の成長を可能にし、田舎の繁栄を促進し、都会での生活を向上させ、新事業を育て、社会を発展させる。インド内で特定用途車、情報技術、財務サービス、と、休暇オーナシップでのリーダーであり、量から見ると世界最大のトラクター製造会社である。また、再生可能エネルギー、農業関連産業、物流、と、不動産開発の分野で、強い存在感を持っている。本社がインドであり、100カ国にわたって25万6千人以上の従業員がいる。

  • 52億米ドルの合計収益
  • 12万3千4百人以上の従業員
  • 981 の世界的なパートナー
  • 弊社の技術を促進している国は90カ国。

日本においてサービスを提供した世界的な顧客

  • 財務サービス、不動産とその他に興味がある、日本に拠点を置く最大な複合企業。
  • 日本でのネットワーキング分野の大手会社
  • 大きな自動車製造業者

Dark Mode

One of the world's first website to run on Dark Mode by default.

Brightness Control

Adjust the brightness as suited.

Hibernate Mode

Save energy when you're not looking at your screen.

ECO
ENGINE
Know More

The Eco Engine

Reduce your carbon footprint using any of these modes.
  • Dark Mode
    One of the world's first website to run on Dark Mode by default.
  • Brightness Control
    Adjust the brightness as suited.
  • Hibernate Mode
    Save energy when you're not looking at your screen.